KEIO+

府中市内を走る緑色のバス 『ちゅうバス』 って何?

    2021/04/11

府中市内にお住まいの方なら一度は走っている姿を目にしたことがある緑色の小さなバス。

そう、市内を走るコミュニティバス『ちゅうバス』です。

従来の路線バスでは行き届かない機動力で市民の生活を助けています。

『ちゅうバス』の歴史

『ちゅうバス』は2003年12月に運行を開始した府中市のコミュニティバスです。

開業当初は4路線での運行でしたが、現在では5路線7ルートへと拡大し、府中駅を中心に市内の各駅などを結んでいます。

『ちゅうバス』の由来は、府中市の『中』とネズミのように小回りがきくイメージを掛け合わせて命名されています。

また、バスに描かれたピンク色のネズミは『ちゅう太』と名付けられたイメージキャラクターになっています。

 運賃

『ちゅうバス』の魅力といえばやはり運賃の安さ。

小学生以上は1回の乗車で100円。(未就学児は無料)

お得な回数券も販売していて21枚つづりで2,000円となっています。

これは車内もしくは京王バス中央株式会社府中営業所(電話:042-336-5159)で販売しています。

開業当初は現金のみでの支払いでしたが、現在では交通系ICカードの利用も可能となっています。

 路線図

『ちゅうバス』は府中市内を5路線7ルートで運行しています。

  • 多磨町ルート
  • 押立町・朝日町循環 朝日町ルート及び押立町ルート
  • 是政循環
  • 南町・四谷循環 よつや苑西ルート及び四谷六丁目ルート
  • 北山町循環

 運行本数

全ルート、1時間に2本(30分間隔)運行しています。

ほとんどのルートが朝の8時台から夜の19時台までとなっているため通勤での利用は少し不便となっています。

また、市内の至るところを走るため停留所が多く、回り道をしたりするので駅まで出ようとすると所要時間がかかってしまうのがデメリットとなっています。

この記事のカテゴリ

おでかけ