【京王プラス】京王沿線のグルメ・求人・美容・不動産の情報なら京王プラスにおまかせ

高尾山口駅前体験型ホテル『タカオネ』が7月17日に開業します!

 

京王高尾線高尾山口駅の駅前に体験型ホテル『タカオネ』が2021年7月17日(木)オープンすると京王電鉄の公式サイトで発表がありました。

世界一の登山客数を誇る高尾山は、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三つ星にも選ばれた自然の宝庫です。

今回はその高尾山の麓に完成予定の体験型ホテル『タカオネ』について紹介します。

体験型ホテル「タカオネ」とは

京王高尾線高尾山口駅の駅前に元々あったホテルをリノベーションし、体験型ホテルへと生まれ変わったのがこのタカオネです。

「タカオネで過ごす時間そのものが、アクティビティのような一つの体験として楽しめること」が本施設の目的とされ、家族やグループはもちろん、ホテルを訪れる様々な人との交流が楽しめるような場となります。

一般的なホテル利用に加え、学生・社会人・サークルなどさまざまな団体の合宿や研修にもおすすめのアクティビティが体験でき、「都心からアクセス抜群でありながら、大自然を満喫できる新しい合宿」として活用できます。さらに、「ワーケーション」など新しい働き方の拠点や、さまざまなコミュニティ拠点としても利用できます。

体験型ホテル「タカオネ」でできること

体験型ホテルを謳うタカオネでできることですが、現在14のアクティビティプログラムが予定されています。
高尾山トレッキングや、スターウォッチングなど自分自身で楽しむアクティビティ以外に、滞在目的を運営者に伝えて一緒に作りこむものや、高尾の自然を味わいながら体験できる運営者主催のアクティビティなどが用意されていて「山に登るだけじゃない」過ごし方を満喫することができます。

用意されたアクティビティをいくつか紹介します。

収穫体験&うどんづくり

高尾山麓で地域の方たちが育てた野菜を収穫し、自家製小麦を使って、粉をこねるところからうどんづくりを体験することができます。
里山の空気を楽しみながら、特別な時間を過ごすことができるアクティビティとなっています。

高尾山 ムササビナイトハイク

日中は主に樹上で過ごし、夜に活動を始めるムササビを探しに、ライトをもって夜の高尾山へ出かけるアクティビティです。
空に広がる星や、東京ならではの夜景も一緒に楽しめる、夜の高尾山満喫コースです。

野の昆虫ウォッチング

数千種類の昆虫が棲み、日本三大昆虫生息地として知られる高尾山。
ひらひらと舞うチョウ、黒く光るクワガタ、キラキラ輝くタマムシなど、高尾山の宝物を追いかけることができるアクティビティです。

街のテラス

1階の「街のテラス」は宿泊されている方だけでなく、訪れたすべての方が
利用できる場となります。

体験型ホテル「タカオネ」の宿泊料金

タカオネですが、団体利用以外に個人での宿泊ももちろん可能となっています。

金額はシーズンにもよりますが個人利用で4,000円〜と比較的リーズナブルな価格設定となっています。

開業に向けて団体の宿泊予約は1月から始まっていましたが、個人宿泊の予約受付も、4/15(木)の15時からタカオネのウェブサイトでスタートします。
気になる方はぜひ公式HPをチェックしてみてください。

施設概要

施設名タカオネ
住所東京都八王子市高尾町2264
アクセス京王高尾線 高尾山口駅 徒歩1分
公式HPこちら
地図

この記事のカテゴリ

おでかけ